フリーライター、書くヒト

フリーライターの篠原修司が書くブログ。実際に働きながら身につけた文章のテクニックやネット炎上の事例、フリーランスについてのあれこれを書いてます。

「ほとんど」「大半」「大部分」など割合を表現するときは数字を明記すると伝わりやすい

 「ほとんどが~」、「大半は~」、「大部分が~」などの割合を表現するときは、「実際にどれくらいなのか」がわかる数字を明記した方が読者に「それがどれくらいなのか」が伝わりやすいです。

 もちろんなかには読者が確認できるようほかの記事への参考リンクなどを文中に入れている人もいますが、そのリンク、読者はほとんどクリックしません!

 さて、この「ほとんど」とはどれくらいでしょうか?

 このブログで書いている記事で良いサンプルがあればよかったのですが、ないので全体の数字を利用します。

 このブログの直帰率は約90%です。情報系ブログとは言え「この直帰率はちょっと高い」のですが――さてこの「ちょっと」はどれくらい? 答えは情報系ブログの直帰率は60~90%です――、サイト内にある同じドメインへのリンクを10%の人しかクリックしてないことがわかります。

 これだけたくさんリンクがあっても10人に1人しかクリックしないなか、記事内にあるひとつのリンクがどれほどクリックされると思いますか? 答えは「ほとんどない」です。

 「その数字出せよ!」と怒られそうですが、イベントトラッキングを設定していないため出したくても出せません。

 「イベントトラッキングを設定」部分にリンクを入れてありますが、皆さんクリックしてないでしょうからまあそういうことです。

実際の例

 これだけだとわかりにくいと思うので、話題になった記事を使って説明します。サンプルに使わせてもらうのはこちら。

news.yahoo.co.jp

 「クロマグロの漁獲枠が、その経緯を公開することなく大半が巻網漁業者に配分された」ことを指摘し、デモが起きた経緯を説明している記事です。

日本には、成魚(30キロ以上)の漁獲枠は、4882トン配分されています。これを水産庁が国内で配分したのですが、その大半が天下り先の大中型巻網(まきあみ)漁業に配分されています。理不尽な配分が、小規模漁業者を排除した場で、秘密裏に決められたことに憤りを感じて、漁獲枠配分の見直しを求めてデモを行ったのです。

マグロ漁業者は、なぜ、水産庁にデモをしたのか(勝川俊雄) - 個人 - Yahoo!ニュース

 「その大半が天下り先の大中型巻網(まきあみ)漁業に配分されています」とありますが、具体的にどれくらいかわかる人、いるでしょうか?

 この文中には「小規模漁業を衰退させる理不尽なクロマグロの漁獲枠配分」という記事へのリンクが貼ってあります。リンク先を一番下まで読むと、執筆者の作成したグラフが掲載してあり「大半」がどれくらいなのか目でわかるようになっています。

f:id:digimaga:20180702121230p:plain

リンク先の記事に掲載されているグラフ。小規模漁業を衰退させる理不尽なクロマグロの漁獲枠配分より

 しかし、ここまで読む人はまずいません。

 また、このグラフにはデータごとの数値が書かれていないため、巻網漁業者の配分がかなり多いことはわかるのですが、具体的にどれくらいなのかわかりません。

 そこでこのデータの掲載された記事内にあった「(詳細はこちら)」のリンクをクリックしてデータが掲載されているであろうPDFを読んだのですが、掲載のデータと一致しているPDFの数字を見つけられませんでした。。。

f:id:digimaga:20180702122021p:plain

最初に掲載してあるこのデータがクロマグロの漁獲枠だと思うんですがグラフと数値が一致しません。太平洋クロマグロの資源管理についてより

f:id:digimaga:20180702123826p:plain

この表の数値は巻網漁業の漁獲枠はバッチリあうものの2015-2016「その他(留保)」があわない。太平洋クロマグロの資源管理についてより

 データの見方をボクが間違えていることは確実でしょうが、ここに「気になって情報を追ってみたけど、わからなかったよ……」という読者がひとり生まれたことはたしかです。

 こういうかわいそうな人を生み出さないために、最初から数字を明記してあると良いのです。

 また、最初の記事では巻網漁業者が漁獲した産卵前のマグロが

小型船が我慢を強いられる中で、大型巻網が産卵場で大量のクロマグロを漁獲しています。産卵のために戻ってきた群れを待ち伏せして、一網打尽にしているのです。築地市場は、30キロ前後の小型のマグロで溢れ、そのほとんどがセリで値段が付かずに売れ残ります。

マグロ漁業者は、なぜ、水産庁にデモをしたのか(勝川俊雄) - 個人 - Yahoo!ニュース

 と乱獲されたうえに売れ残っているという説明もありますが、こちらも「ほとんど」がどれくらいなのか書かれていません。

 この「ほとんど」が例えば98%だとしたら、読者の共感(巻網漁への怒り)はかなり大きなものになるでしょう。逆に70%くらいだったら、読者は「少し配分を減らしたらいいんじゃないか」としか思わないでしょう。

 この割合に対する数字の明記は、つきつめると「読者の気持ちをコントロールするテクニック」にもなります。が、とりあえず「割合には数字を明記する」ことだけ覚えておくと良いです。記事の内容が伝わりやすくなります。

グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのように生まれたのか

グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのように生まれたのか